スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸羽東線&石巻線へ撮影遠征 その1

Category : 鉄道 南東北
宮城県北部へ撮影遠征に行ってきました。
泊りがけと日帰りの月2回は撮影遠征をしようと思っているのですが、5月は全然遠征してなかった(GWは別です(笑))ので、5月最終日の今日遠征へでかけてきました。

当初は、会津若松まで行って「SLばんえつ物語号」の撮影を計画していたのですが、
・天気が不安
・SLを上手く撮影するほどの撮影技術が未熟
・人が沢山いそう
・今回は泊まりは無理
という上記の理由で今回は断念。

その代わりに、石巻線のDE10貨物を撮影しに行くことにしました。
今回、石巻線に決めたのは、
・3月に一度撮影しに行ったのだが、本命の貨物が来なかった。
お立ち台通信 vol.1の73ページに紹介されている場所で撮影したかった。
・友人から、盛岡タイムス紙の連載記事「風まかせ 鉄道さんぽ」の記事をいつも見せてもらってるのですが、2週連続で石巻線貨物列車が紹介されており、「ほら、行ってきなよ!」と言われているような気がした(笑)
という理由です。

朝9時に自宅を出発。最初は小牛田発11時28分の貨物を狙っていたのですが、せっかく古川まで行くのだから・・・と時刻表の陸羽東線のページを見ると、「リゾートみのり」の文字がある。古川発は10時6分なので絶対間に合わないのだが、鳴子温泉に25分も停車し、発車は11時25分。間に合うかな?と古川インターを降りて鳴子方面へ。途中、岩出山のあたりで走り去って行く「リゾートみのり」が見えたので望遠で撮影したり、

090531_00.jpg


しっかり道の駅巡りもして鳴子の撮影地へ10分前に到着。
この撮影地は、かなり有名な撮影地なのですが、曇天模様の天候のためか僕一人であった。三脚をセットして、列車が来るのを待つ。このポイントは列車がトンネルを出て直ぐに撮影しないと。あっという間に列車が通過してしまう。しかし、踏み切りも何もないのでいつ列車が来るかとドキドキする。しかし、その心配は杞憂であった。さすが、リゾート列車。このポイントは鳴子峡という名勝地でもあるため徐行運転してくれるんですね。ラッキーでした。

090531_01.jpg



撮影終了後は古川方面へ戻ります。途中、川渡温泉駅あたりで1729D気動車も撮影。ここの列車はカラフルで楽しいですね。

090531_02.jpg



古川へ戻り、一路涌谷方面へと向かいます。古川~小牛田間の田園風景もいいなあ、と思いました。今は亡き「くりでん」を思い出しましたよ。

その2へ続く・・・

Comment

2枚目のカット、素晴らしいですね!
何かに使えそう。
非公開コメント

プロフィール

kosei

Author:kosei

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
koseitroutへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。