スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国鉄・昭和の終焉 ~富士・はやぶさへ別れを告げる~ その1

Category : 鉄道全般

少年時代の憧れであった東京駅発九州行きのブルートレイン。昭和33年に「あさかぜ」がデビューしてから約50年。遂に最後まで生き残った「富士・はやぶさ」も平成21年3月14日のJRグループダイヤ改正によって消えてしまった。
そんな、昭和の国鉄時代の闇夜を彩ってきた、このスターの最後の雄姿を見届けるべく岩手から神奈川・東京へ行ってきた。

本来であれば、最終日はいわゆる「イベント」なので東京駅は大混雑するだろうと思って、何も最終日に行かなくても(人混みが苦手なので)別の日に行って静かに別れを告げようと2月末に予定していたのだが、そんな時に限って親戚に不幸があり断念したのだ。その時点ではもう休みもとれないだろうからと諦めたのだが、友人に強く背中を押されて「行かなきゃ後悔する・・・」と職場の方々には申し訳ないが休暇をとらせていただき行くことにしたのだ。

今回の旅の予定は、深夜に盛岡を出発し、「富士」にちなんで静岡県の富士駅を訪問し、写真を撮ろうという計画だったのだが、残業後の23時出発ということもあってか疲れが溜まっており、さっそく前沢SAで仮眠してしまった。その後も菅生・黒磯・佐野で各30分ほど仮眠してしまい、首都高に突入したのは7時頃。予定では首都高の渋滞が始まる前に東名高速へ乗る予定だったが、首都高の渋滞に少しはまってしまいもうこの時点で富士駅へいくのは諦めざるを得なかった。
そこで眼をつけたのが小田原あたり。上り「富士・はやぶさ」が熱海を出発するのが8時35分。よし、これなら間に合うかな~と思い、東名高速・小田原厚木道路・西湘バイパスを経由して、東海道本線の根府川駅へ行った。(根府川駅の地図

到着すると、すでに「撮り鉄」の方々がカメラを携えて集まっている。僕も準備をしていると、皆ファインダー越しにカメラを構え始めた。僕も急いでカメラを構える。撮る場所も構図も考える余裕はなく列車がきてしまった。撮影はできたが、なんともつまらない写真に終わってしまった。、まあ、今回の旅の目的である走行写真は一応撮れたのでよしとしよう。

090313fujihaya01.jpg



090313fujihaya02.jpg



090313fujihaya03.jpg


クルマへ戻ると、車載カメラの電源を切り忘れていたようで、「富士・はやぶさ」の通過シーンが撮れていたのは怪我の功名でした。といっても横からの映像ですし、逆光で見ずらいというたいしたことのない動画ではありますが・・・。

【動画】090313富士はやぶさ、根府川駅通過(19秒)

その2へ続きます・・・。


Comment

非公開コメント

プロフィール

kosei

Author:kosei

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
koseitroutへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。