スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウティスト廃刊

Category : 釣り
トラウトフィールドを旅する釣り師のための情報誌 『トラウティスト』が廃刊になったようです。

フィールドの紹介や釣りのテクニックという記事は少なくて、綺麗な写真が釣り旅をしたい!と思わせる誌面でしたね。それと道具に思い入れのある記事が多く、ある程度の知識と経験がある方にはたまらない雑誌だったと思います。
僕も創刊当時からしばらく買っていましたが、ここ3年くらいは買うこともなく、大好きなカーディナルの特集のときも立ち読みですませていました。
この手のマニアックな雑誌は購買層が限られ、自ずと値段も高くなり部数も限られるというジレンマに陥るわけですよね。やはり、私のような初心者はあの値段で購入をためらっちゃいましたから。

これで、トラウト専門誌って『ギジー』だけになったような感がありますね。『ギジー』もサクラマス特集でかつUFMの西村氏のDVDが付録で付いてるときしか買ってませんが、唯一のトラウト系専門誌として頑張ってほしいものです。

やはり、トラウトアングラーは少数派なのでしょうか。

Comment

へぇ~知りませんでした。
確かに価格設定は高めに感じますが
綺麗なグラフと思えば妥当と思うし
唯一購入していた釣り誌だけに残念です。
まぁ内容によっては買ってませんでしたけどね(^^;


残念ですねー。
私も立ち読み派ですが、周りでは買ってる人もいるんですけどねー。
でも、おっしゃるように、購買層が限られるから発行部数も少なく、おまけに写真がたくさん載るって事はそれだけ印刷費もかさむし、あれだけ綺麗な写真を載せるためには、取材費だってかかるだろうし、編集にも力は必要だろうし...
ほんと、残念ですねー。

おはようございます。
トラウティスト、出版社を変えて1月に出るとカスケットのHPにありましたがどうなんでしょうね。ルアーフリークからの世代としては寂しい限りです。自然倶楽部が紙媒体でなくなった時点でトラウティストも大丈夫かなぁと思ってましたが。

 トラウトアングラーとしては結構な人口だと思うのですが、人々が必要としたものは「美しき自然の写真」ではなく「より釣るための情報」だったことから、部数が伸びなかったと思います。
 (私も、内容を確認してから買う人です。)

 もし復活することがあれば、今までどおりの「トラウティスト」であって欲しいですね!

 
 

皆様、コメントありがとうございます。
1月に再スタートという情報もありますので、期待したいと思いますね。
僕は「美しき自然の写真」の方がいいなあ。


【お詫び】
根がかり坊主さんすみません。
コメントの認証に失敗して削除してしまいました。根がかり坊主さんの投稿は7:07のものです。

 はじめまして、トラウティストの情報収集
しておりこちらにたどりつきました。
  
 何件か本屋さんまわったり、HP調べたり
して見つからなかったので不思議に思っていたところでした。
 私も釣りの内容よりきれいな魚の写真が
好きで創刊号から購入していただけに残念です。再スタートすることを期待してます。

てつぼん様
はじめまして。トラウティストですが、別の出版社から販売されるのでは?という情報もあるようですので、少し期待しましょう。
それと、鮭釣りでロシアまで行ったというのは凄いですね。僕もロシアで釣りしてみたいです。
非公開コメント

プロフィール

kosei

Author:kosei

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
koseitroutへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。