スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の釣り暦(その3)

Category : 釣り
 就職してからの3年間は,スキー,ゴルフ,テニスと趣味の幅を広げ,スポーツ以外では,見聞を広げるために大学の通信教育を受けるなどしていたが,釣りとは無縁の生活を送っていた。
 1995年の晩夏、山田町船越の家族旅行村に友人達とキャンプに来ていたときのこと。久しぶりに海釣りをすることになり、ホームセンターで買った竿とリールと仕掛けで、イソメを付けて投げ釣りをしていた。リュウグウハゼばかり釣れていたが、突然強いあたりがあった。それこそ竿が折れんばかりの引きであり、リールを巻いてもなかなか上がってこないばかりか走る走る。気合を入れて巻き、肴が弱った所で一気にゴボウ抜きすると、そこには水族館や魚屋でしかみたことのない魚体が横たわり、近くにいる漁師に聞くと「カンパチ」だという。おーっこれがダイワの釣魚全集に載ってる「カンパチ」か・・・なんかすげー感動して、釣りって面白いなあ、と実感した。
 それからは、興味をもったらすぐにのめり込む性格のため、私を釣りの世界に引き込んだH氏とともに、防波堤、ワカサギ、船釣りと行くことになるのだが、翌1996年気仙川の解禁日にヒカリ爆釣、秋田の解禁日に「ヤマメ・イワナ」の爆釣とまではいわないがそこそこに釣れ(エサ釣りですが)、おまけに紺屋町の上野釣具店に出入りするようになり、道具もどんどんと増えていった。鮎つりも行ったが、道具を買うまでには至らず、代わりにクロダイ釣りを覚え、めぼしい釣果はなかったが、男鹿や青森西海岸への往復は胸が躍る楽しいひとときであった。翌97年もそんな感じで釣りを楽しむのであった。
 今思うと、あのとき鮎の道具を一式揃えていたら僕の釣り人生も大きくかわっていったんじゃないかと思う。
 誰も読んでる人はいないかもしれませんが、次回はルアーフィッシングへの道のりを。

Comment

非公開コメント

プロフィール

kosei

Author:kosei

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
koseitroutへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。