スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007初釣り 冬サクラ

Category : 釣り

  いよいよシーズン開幕ですー。ワカサギ解禁を聞いて無性に釣りに行きたくなった。
今朝2時に眼が覚めたので、よーし、行っちゃえーってな訳で、岩洞ではなく、奥羽山脈を越えて一路秋田市内へ。


 雫石町内はしんしんと雪が降っていたが、仙岩峠を越えると、今度は雨。秋田市内へは5時頃到着したが、まだ雨が降っている。マック〇バリュの駐車場で飯を食べながら持参したノートパソコンで地図をチェックし、今日のポイントを考える。
自分にとってまったく未知のフィールドということと、今回の釣行を思いついてからまだ3時間しか経っておらず、情報というものがまったくない。というより。雨が降り続いて、辛い釣りになりそうだ。
 夜が明けてきたので、取り合えず、秋田O橋へ行ってみる。すると、ラッキーなことにさっきまで降り続いていた雨がピタリと止んだ。


070127秋田大橋




 さっそく準備して、釣り開始。思ったより寒くないがやはりラインをリリースするときに指が痛くなる。橋脚周りから上流を攻めるが、あたりはなく、底を中心にスプーンで攻めまくったため、あっという間に3個ロスト。1時間ほどすると、また雨が強くなってきたので、一時退散。ここまで釣り人皆無。車に乗り込んで、今度は河口へ行ってみる。


070127雄物川河口




 ここにも誰もおらず、なんか寂しいし雨が止みそうもないので、ずーっと上流の秋田M大橋へ向かった。
 また、雨が止んできて、早く釣りしなくちゃ!と思ったものの、橋下への降り方がわからなく、右往左往しているうちに、いつの間にか自転車専用道を走行してしまうという大失態をやっちまう。


 さー、どうしようかな?最初に行った秋田O橋へ戻ってみると、今度は釣り人が7~8人。さっき釣りしたところは既に入れず、ずーっと下の水門辺りで釣り開始。


070127秋田大橋下流




 その後地元の方2人組がやってきたので、情報交換がてら釣り談義。やはりこの橋の周辺が一番いいらしいという情報を得、安堵する。9時30分頃だったろうか、遠目でよくわからなかったが、僕が朝一番で入った場所あたりで1本あがったようだ。んー残念、粘ってりゃよかったかな。自分がそこで粘ってても釣れるという確証はないんだけどね。
 とはいえ、いることは間違いないので気合いを入れようにも、その後雷雨となっちまい、また車へ戻る。止みそうにないので、10時30分頃STOP FISHING。秋田組に別れを告げ、帰宅の途へ。国道13号に入ったら雨が病んだ(苦笑)んー、もう少し待ってりゃよかったなー。雄物川の中流域をチェックしながら帰宅。


 秋田での冬サクラ初体験でしたが、解禁前のトレーニングにはうってつけでありました。例年通りの降雪量だったらおそらく行ってないけどね。
雄物川のポイントもチェックしてきたし、夏にはリバーシーバスにもチャレンジしてみようかな~。


Comment

何を釣りに行ったのかと思ったら
サクラだったのね(笑)
それにしても思い立ったら相変わらずの行動力ですなぁ。
今年も吉報期待して待ってます。

僕も昨日行って来ました。
昨日も一本上がったそうです。
またつらいシーズンが始まっちゃいましたね(笑)

JAMESさん>
 今日は、どうもでした。JAMESさんも早めに初釣りを済ませてくださいね。
>それにしても思い立ったら相変わらずの行動力ですなぁ。
単なる「AHO」です(笑)亥年生まれだけに。猪突猛進なのです。

その2さん>
 遂に、はじまっちゃいましたー。辛くも楽しい日々が続きますです。
 ところで、追波ですか?

場所書いていませんでしたね。
ええと、日曜日は雄物川で、土曜日は夕方だけ追波に行って来ました。

どちらともポツポツとは上がっているようですね。
そろそろ今年の生サクラを拝みたいです(他人のでもOKなので)

生サクラ・・・興奮しますな(^^;
今年も会えますように・・・
非公開コメント

プロフィール

kosei

Author:kosei

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
koseitroutへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。