スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年GW輪行の旅 ~その4 福島町へ~

Category : お出かけ
その3からの続き

知内駅を出る。

090429_0902.jpg



駅は道の駅と併設している。写真で見ておわかりのとおり立派な建物の道の駅と比較するとプレハブのような取って付けたようなこじんまりとした駅舎である。まあ、一日4本しか列車が停まらない駅じゃあ仕方ないかな。道の駅に入ってみる。特に店員さんの歓迎の言葉も無く、さらっと見て終了。時間がもったいないので、自転車を組み立てて出発する事に。

090429_10.jpg



天気は薄曇。自転車に乗る前は寒いという感じはしなかったが、自転車に乗って走り出すとちょっぴり寒いかな?と感じる。まあ、走ってるうちに暑くなるだろう。すぐさま国道282号線に入り、自転車を漕ぎ始める。途中、青函トンネルの入口が見えた。列車の撮影にはいい感じ(事実、北海道の撮影ガイドみたいな本には紹介されている)なのだが、次の電車まで30分くらい時間があったので止めておく。

090429_11.jpg


国道282号線をひたすら走る。道路沿いを流れる知内川がとても綺麗だ。耳をすますと小鳥のさえずりが・・・なんて気分がいいんだと感じるのも一瞬のうち、すぐさまトラックの轟音が・・・そうだ、ここは国道なのだ。けっこう交通量も多いし、飛ばしている。自転車も基本的には車道を走るべきなのだが、やはり怖いので歩道を走ってしまう。
緩い上り坂が延々と続く。福島トンネルまでは我慢のライディング。まあ、帰りに楽が出来ると思えば、これくらいの事はなんてことないね。そうは思っても、やはり上り坂はきつい。
福島トンネルに到着。そして、ここからは一気に下り坂。延々と3kmくらい続く坂道で気分は爽快!あー、極楽極楽。一気に福島の町へ着いた。

090429_12.jpg


福島町・・・あの横綱「千代の富士」の出身地であり、横綱の誕生する割合が日本一高い町
らしい(Wikipedia)。人口は5,500人弱の小さな町。鉄道好きの観点からすると、青函トンネルの掘削が開始された町ということになる。それ故、この町には「横綱記念館」と「青函トンネル記念館」がある。

090429_14.jpg 090429_13.jpg


とりあえず、通り道なので「青函トンネル記念館」に入ってみる。受付のお姉さまには「横綱記念館」との共通チケットを勧められるが、相撲には興味が無いので丁重にお断りする。


090429_15.jpg



青函トンネル記念館に入る。詳しくはこちらをご覧頂くとして、なかなか興味深くみさせていただいた。トンネル映像ステーションは青函トンネルを走る列車の映像が紹介されており、思わず見入ってしまった。

090429_16.jpg



さて、再び走り出す。知内から松前まで約40kmであるが、やっと半分走ったという感じです。今度は爽快な海岸線を走る事になります。とっても楽しみなのですが、いまいちはっきりしないお天気なのが残念。

その5へ続く・・・


スポンサーサイト

2009年GW輪行の旅 ~その3 北海道上陸~

Category : 鉄道 北海道
その2からの続き

 定刻どおりに蟹田駅を出発する。もちろん、自由席だ。自転車という巨大な荷物を持ち込んでいるのでデッキで過ごそうかとも考える。まさか、座席近くに持ち込むわけもいかないし、盗難・毀損が怖いのであるが、まあ、こんな物を持って帰ろうという奇特な方もいないだろうし、転倒して破損したらその時はその時、直せばいいじゃんと割り切る。ただ、転倒によって他人に危害を及ぼすのが怖いのですが。
 この列車6両編成で2・3号車が自由席である。3号車に入る。乗車率は25%くらいといったところ。ちなみに蟹田駅では僕を含め5人が乗車。天気も良く、のんびりとした津軽の車窓が窓に広がる。津軽今別駅に停車する。

090429_05.jpg



ここでは3人乗車した。鉄道好きっぽい男子2人組みと登山用の巨大な荷物を背負った男性が乗ってきた。どこの山へ行くのだろう?ちなみにこの男性、僕と一緒に知内駅で降りたのですが、その後が少し気になったなあ。
 そして、いよいよ青函トンネルへと入る。途中でいくつものトンネルをくぐり、いつの間にか青函トンネルへと入ったらしい。全然気づかなかった。当たり前だが車窓は真っ暗であるし、車内騒音が大きいですね。まあ、仕方ないことですが。
 そして、青函トンネルを抜けると直ぐに知内駅に到着。時刻は8時38分。ここでは5人くらい降りた。自転車を持っているため、最後に降りる。

090429_06.jpg



今乗ってきた白鳥41号を見送りそのままホームに残り、北海道に着いた~と感慨に浸る・・・のではなく、間もなく上り函館発弘前行きの臨時特急「さくらエクスプレス」が通過するはずなのでカメラを準備する。そして、8時44分頃にED79に牽引された「さくらエクスプレス」が通過。

090429_07.jpg



5両編成すべての車両の色が違うというのが面白い。

090429_08.jpg



 そして、改めて知内駅内を見渡し、遠くに見える残雪残る山の稜線をみながら、北海道に来たな・・・という感慨に浸るのだが、特に北海道らしい風景という感じでもないかな?などと思いつつ、駅から出ることにした。

その4へ続く・・・

2009年GW輪行の旅 ~その2 蟹田駅~

Category : 鉄道 青森県
その1からの続き

4月28日午前3時20分自宅を出発する。
ガソリン満タンにして盛岡南インターチェンジから東北自動車道を北上する。高速道路1,000円だからラッキーだな・・・と思ったら今日は平日でした(汗)4時前に乗ったので、深夜割引50%の恩恵を受ける事に。
青森インターチェンジで降りて、目的の蟹田駅へ。駅の西口に無料駐車場があるというのは既にリサーチ済。6時30分頃到着。そそくさと自転車を輪行袋へ入れて、知内までのチケットを購入する。1,600円也。特急列車に乗るけれども特急料金は不要、蟹田~木古内間は普通電車が走っていないため、この区間のみを乗る場合は特急料金は不要なのです。
時間があるので駅を観察する。ホームには特急電車が入線している。「Tsugaru」の文字が確認できる。

090429_02.jpg



どうやら青森行の328M普通電車である。特急列車の有効活用といいますか、普通料金で特急列車に乗れるなんてお得ですね。これで通勤・通学している人が羨ましい。
 そして、まだ時間があるので海へと行って見る。天気もよく朝陽に照らされてキラキラ輝く水面が美しい。最近、数年ぶりに携帯を新調した友人に写メールを送ったり、浜辺でパンを食べくつろぐ。

090429_03.jpg



 そして、発車の時間が迫ってきたので、駅へ戻り、ホームへと向かう。定刻どおりに「白鳥41号」がやってきた。

090429_04.jpg



いよいよ北海道へ行くのだ。何度も行っているはずなのだが、明るい時間帯に北海道へ上陸するのは小学校6年の頃に家族旅行で行ったとき以来26年ぶり。もちろん日中の青函トンネルは初めてです。ワクワクします。

その3へ続く・・・


2009年GW輪行の旅 ~その1 プラン~

Category : お出かけ

今年もやってまいりましたゴールデンウィーク。今年は何しようかな?例年だと前半はサクラマス釣り、後半はダラダラなのですが、今年は釣りに行く気にもなれずかといって、せっかくの休みにダラダラしているのももったいないかな?そうだ、自転車と共に鉄道旅行しよう!目的地は今の時期だと松前の桜が見頃でいいんじゃないかな?それに青函トンネルを日中に通った事ないぞ・・・。さらに、長万部あたりで青いDD51重連が牽引する「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」、「北斗星」も撮影してこよう!そう決めたらなんかワクワクしてきたよ。
そして、時刻表みておおよそのルートを確認する。


 蟹田7時53分発 特急白鳥41号 知内着8時38分
 知内から自転車で松前へ。距離は約40km 2時間半くらい
 松前から自転車で木古内へ。距離は約50km 3時間くらい
 木古内18時54分発 139D 函館着20時4分
 函館発1時23分発 急行はまなす 長万部着3時7分
 下り札幌行きの「カシオペア」の長万部着が6時42分なので、そのすぐ後に「トワイライトエクスプレス」、そして「北斗星」が8時29分長万部着。これらが終わった後は長万部発8時57発の「スーパー北斗2号」で9時49分着大沼公園で降りる。これの目的はSL函館大沼号が10時33分に着くからである。そして、それが終わったら適当な列車で蟹田まで帰るという感じです。しかも特に予約とかしてませんから、予定がひとつ狂っても臨機応変に対応できます。


(知内から松前までの行程図)


まあ、けっこう欲張ったプランですが、知内駅なんて、一日4本しか列車停まらないんですよね。

090429_01.jpg



しかも特急列車のみ。それ故、蟹田~木古内間のみを利用する人は特急券不要なんですよね。こういった駅で降りるというのも楽しいね。
さて、けっこうハードなこの机上プラン。実際はどうなりますことやら・・・。


その2へ続く・・・

秋田新幹線「こまち」を撮る その3

Category : 鉄道 秋田新幹線

昨日同様、こまちを撮影する。

・仙岩峠の茶屋の駐車場から俯瞰する。

090425_08.jpg

 

なかなjか、いい景色ですね。秋の紅葉、冬の雪景色なんかも絵になりそうですね。

・田沢湖~刺巻間で撮影する。

090425_09.jpg

 

トンネルから出てきたところを撮影。田沢湖~角館間は道路と併走する区間が多いため撮影ポイントが沢山ありますね。

 


刺巻&角館

Category : お出かけ
昨日、旧田沢湖町に行ったばかりなのに今日も行ってしまった・・・。

またしても仙岩峠の茶屋で「おでん」を食べる。やっぱり美味しい。クセになりそう(^^)
今回は、茶屋の横から「こまち」を撮影してきました。つまり2日連続同じ時間にここにいたことになりますね。

そして、角館の桜を観る予定が、やっぱり寄ってしまった刺巻の水芭蕉の群生地。ここも2年に一回くらいは来てるなあ。

090425_03.jpg


090425_04.jpg




そして、角館へ・・・武家屋敷のしだれザクラ、桧木内川添いの桜並木・・・こちらも毎年のように来ていますが、圧倒されますね。駐車場探しにウロウロしたせいもあって、時間が無くクルマの中から見物ということになってしまったのが残念。

090425_05.jpg


090425_06.jpg



時間が無くても醤油ソフトだけは食べようと、安藤醸造元へ行く。醤油ソフトは相変わらず美味しい。大好きです。それと、新発売の「みそ豚まん」も食べてきました。具とみその相性もばっちりですね。新しい名物になるのでしょうか。

090425_07.jpg


今回はお天気に恵まれず、しかも時間が無かったので慌しい旅となりました。来年は天気が良い日にのんびりと訪問したいですね。



はやてで遊ぶ

Category : 鉄道 東北新幹線
自宅すぐそばの撮影地・・・新幹線も在来線も俯瞰で撮れるし、天気が良ければ岩手山も綺麗に写るので撮影の練習に重宝しております。ただ、フェンスによじ登らなければならず、とっさの時は困りますが。

今朝もはやてを撮影してきました。シャッタースピード1/30秒で撮影です。手持ち撮影です。

090_1146.jpg



今度は車体を流すのではなくて、風景を流す流し撮りに挑戦してみたいです。

そして、EH500牽引の貨物とはやてのコラボ。例によってとっさの出来事だったので、カメラの設定は適当です。

090_1209.jpg



いろいろな列車が来るので楽しいですね。これで在来線の特急がバンバン走ってれば最高なんだが・・・。30年前にタイムスリップしたいな。

仙岩峠の茶屋のおでん

Category : ぐるめ
国道46号の仙岩トンネル秋田県側にある「仙岩峠の茶屋」さん。

090424_07.jpg



ここを頻繁に通る人で知らない人はいないというくらい有名なお店です。僕も年に何回もここを通りますのでよくお世話になっております。


ここではやはり名物のおでんを食べましょう。

090424_08.jpg



じっくりと煮込まれて、見事なあめ色に染まったおでんは当然味も染みており実に美味しいです。ただ一つ不満は、たまごが煮込まれすぎていて黄身がちょっとバサバサするくらいかな。でもこれは個人の好みの問題ですね。

窓際の席を取ると、秋田新幹線や生保内川の絶景が眼下に拡がります。

090424_09.jpg



そして、おでんを食べてる時に「こまち3号」が通過して行きました・・・。


秋田新幹線 赤渕~田沢湖間で「こまち」を撮る

Category : 鉄道 秋田新幹線

秋田新幹線(田沢湖線)の田沢湖~赤渕間を走る「こまち」を撮影してきました。
春木場を過ぎて赤渕までは国道46号と併走しますが、赤渕を過ぎると国道とは離れ、仙岩トンネルを抜けると国道から秋田新幹線が真下に望めるようになります。特に「峠の茶屋」駐車場からの眺めはなかなかの絶景でした(写真は撮らなかったけど)。
そして、この秋田新幹線の何がいいのか?と言うと、
・ローカル線っぽい単線区間をゆっくりと新幹線が走って行く。
・速度もそれほど速くなく(僕が今回撮影した場所は全て)撮影しやすい。
・景色が最高にいい。
ということですね。単線区間を新幹線が走るなんて昔じゃ考えられませんでしたね。それと、景色ですが、これからはじまる新緑のシーズンはもちろん秋の紅葉、冬景色と絡めて「こまち」を撮影するのも絵になると思いますね。

相変わらずショボイ腕前で申し訳ないですが、アップします。

(1)こまち8号を盛岡方面へ向かって撮影

090424_01.jpg


撮影場所雫石町 焦点距離35mm 絞りF/8 速度1/1000 露出+1 ISO200 ホワイトバランス:曇天

雫石町の竜川と志戸前川の合流点近くです。まさか、ここへ釣り以外の目的で来ることになるとは・・・。


(2)こまち1号を田沢湖駅方面へ向かって撮影

090424_02.jpg


撮影場所旧田沢湖町 焦点距離18mm 絞りF/4.5 速度1/640 露出+1 ISO200 ホワイトバランス:曇天 「峠の茶屋」脇から林道を下ったところにある場所です。生保内川の流れが気持ちいいです。

ちなみに峠の茶屋から下る林道ですが普通車はオススメしません。底はガツガツ擦るし、枝も張り出ているので車体が傷だらけに(涙)

 

 (3)こまち5号(臨時運行)を盛岡方面へ向かって撮影

090424_03.jpg


撮影場所旧田沢湖町 焦点距離40mm 絞りF/6.3 速度1/640 ISO200 ホワイトバランス:曇天

 

 (4)こまち5号(臨時運行)を秋田方面へ向かって撮影

090424_04.jpg


撮影場所旧田沢湖町 焦点距離42mm 絞りF/11 速度1/500 ISO200 ホワイトバランス:曇天

 

(5)こまち12号を秋田方面へ向かって撮影

090424_05.jpg


撮影場所旧田沢湖町 焦点距離78mm 絞りF/8 速度1/640 ISO200 ホワイトバランス:曇天

 

(6)こまち12号を盛岡方面へ向かって撮影

090424_06.jpg


撮影場所旧田沢湖町 焦点距離78mm 絞りF/7.1 速度1/640 ISO200 ホワイトバランス:曇天

 


ビンディングペダルへ交換

Category : 自転車
ルイガノBART PROが来てから3週間になります。この自転車には満足していますし特に不満も無いのですが、納車前にビンディングペダルを買っていたので装着する事にした。

090419_10.jpg
(左側がSPDペダル面、右側がフラットペダル面です。)


装着はいたって簡単。15mmのペダルレンチでペダルの根元を外すだけです。ただ、左側のペダルは逆ネジですのでそこだけ注意。しかし、簡単とはいえけっこうきつく締まっていたのでなかなかネジが緩まず少しだけ苦労しました。

090419_11.jpg



このペダル(シマノPD-M324)片面SPD、もう片面がフラットペダルというもので気分によって使い分けれますね。一粒で2度美味しいってやつです。ビンディングペダル試してみましたが、最初はビンディングとクリートの位置関係が分からず装着に苦労しましたが、慣れればなんとかなるでしょう。

090419_12.jpg



走ってみましたが、まさにペダルに吸い付くような(実際くっついてるんだから当たり前)感じで、効率よく漕げますね。いい感じです。
オススメです~。

 


プロフィール

kosei

Author:kosei

カレンダー(月別)
03 ≪│2009/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
koseitroutへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。