スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い釣りを

Category : 釣り

6月28日 W川支流K川 10:00~12:30


  娘を幼稚園に送った後、渓流へ涼みにでかけた。


  いやー、とにかく暑い。山伏峠近くの温度表示も既に25℃。今日の盛岡の最高気温は31℃って暑すぎるよ!入梅したはずなのに、さっぱり雨が降んないから、川も干上がってるんじゃないか?と心配になります。


 本日入渓の川は1年ぶりにきたのだが、やっぱり水量少ない。こりゃ厳しい釣りになるかな?と川へ入ったら。まあ、魚がいるいる~。入って直ぐにいきなり27センチのヤマメをゲット!


IMGP1370.jpg
(今日一本目~)


 これで、今日は気楽に釣りができるなーと思ったら、とにかくチェイスの雨あられ(笑)その大多数は、チェイスしてターンしていくんだが、やはり白泡から出てくる魚はやる気があるのかバイトしてくる。たてつづけにヤマメ6本追加した。


 しかし、この川は7対3くらいでイワナが多いはずなんだけどな~と思いつつも、ヤマメがぽんぽん釣れると嬉しいものです。 途中、中だるみで釣れなくなるも、イワナ2本、ヤマメ3本追加。とにかく、蜘蛛の糸とアブがうるさくて釣り難い、それと残念な事にウグイが一本釣れたのが悔やまれる。一箇所でウグイが群れていたので産卵なんでしょうか?


 あれよあれよとかなり上流の堰堤まで来てしまい、最後の堰堤では反応なく退渓。結果、チェイスはわんさかあったのにヤマメ10、イワナ2、その他1という結果でした。


IMGP1376.jpg
(今日10本目~)


 下手くそな私でもこれだけ釣れたので、上手い方ならこの倍は釣れたんじゃないでしょうか。


 しかし、この暑さの中「熱い」釣りができたのでよかったです。帰りに飲んだギンギンに冷えたコーラが美味かったなあ(笑)


スポンサーサイト

近くて遠い渓

Category : 釣り

6月23日 地元T川 04:30~07:00


 自身久々の釣り。渓流釣りのトップシーズンであるが、雨が降らず水量が少ないだろうと、なかなか重い腰が上がらなかったが 木曜日待望の雨が降った。減水している渓には恵みの雨といったところであるが、今日、渓に降り立って愕然とした。水が少ない・・・。入渓地点はまるで小川のような様相。まあ、せっかく来たので、入渓してみる。


 ちなみに本日入渓した河川は我が家から20分もかからない川である。漁業権もなく、有志による放流がされているとは聞いた事があるが定かではない。数年前に一度入った事があるが、その時は良形ヤマメが釣れた記憶がある。しかし、その時の水量はそれなりにあったのだが・・・。
 それと、今回釣り上がった区間は道路との高低差がかなりあり、あまり人が入らないだろうと思うが、しかし昨年雑誌で(河川名入り)紹介されてたので、それなりに釣り人は入ってるかな?


070623_01.jpg


 入渓してしばらくは、魚影が感じられず、水量少ないためちょっとでも深みのあるところを丹念に攻めるが無反応。この川は岩盤のナメ床が多く、遡行的には楽である。陽が差してきてやっとヤマメがヒット!岩盤と岩盤の間の溝から飛び出してきた。ただ、型は20センチ程度。とりあえず、一本でたのでホットする。その後は落ち込み等少しでも水深のあるところを攻めまくると、意外にもチェイスが沢山あった。
 結果、ヤマメ2、イワナ4。すべてリリース。サイズはイマイチ。一回、岩盤のえぐれから良形が出てきたんだけど、合わせ損なったのが悔やまれる。


070623_02.jpg


 まあ、家の近くに、このくらいヤマメ・イワナが釣れる渓、しかも上流に民家のまったくない、まさに自分好みの渓があるのに何故今まで通わなかったんだろうと、不思議に思う。今後は稗貫川止め期間の釣り場としていいかなと思う。ただ、熊の雰囲気は濃そうですけどね。


サークルKサンクス限定 柳家 キムチ納豆ラーメン

Category : ぐるめ

 盛岡の人間なら知らない人はいない?というくらい有名な「柳家」のラーメン。あの店主の「いぃーらっしゃいませえぇぇ~~~」というなんともいえない第一声が印象的でありますが、この店の名物「キムチ納豆ラーメン」が、サークルKサンクス限定(販売も岩手と宮城の一部)で発売されたというので買ってきた。298円とカップ麺にしてはお高いのだが、まあ、柳家の味が手軽に楽しめるのならいいかなー。


DSC_0097.jpg


 肝心の味の方は、やはり所詮はカップ麺であります。多くは語りません。まあ、この値段ならいいかもと言う感じです。カップ麺にしては美味しいと思います。ただ、やはり柳家ということで出すんなら、もうちと具を多くするとかしてほしかったなー。


DSC_0098.jpg


 それと、柳家さん、最近は矢巾にも支店ができましたね。昼に行くといつも混んでますが。


2007秋田サクラマス釣行 第2弾

Category : 釣り

 今回が最後の遠征かな~。


 今日、子どもと「チャグチャグ馬コ」を観にいく予定があるため、10時までに帰ってくるということで無理して秋田まで行ったものの・・・


 6月9日 秋田 米代川 二ツ井 03:45~06:00


 先週よりは幾分増水、濁りも先週よりはあるかなー。先週と同じⅠ橋周辺に入川。右岸側には私も含め3人。すべて岩手県人。一人は先週一緒だった方。対岸には2人入っている。解禁から1週間しか経ってないのに、なんか閑散としていると感じる。


 3人のうち私が一番上流側、あと2人はスプーンを使っているが、私は先週スプーンをロストしたので、ミノーで攻める。4時半頃サクラマスと思われる跳ねが至る所で見られるが、誰にもヒットしない。5時頃隣の方にヒット!したが、鯉科の魚のようだ。
 5時半頃、2人は退散して、別の場所に向かったようなので、右岸側は私の貸切状態になるが、急に睡魔が襲い一時間ほど仮眠。


 起きた後、帰りのことも考え、上流で釣りすることとし、大滝温泉の上流へ向かったが、なんと、濁流で釣りにならず・・・。そのまま納竿となった。


DSC_0100.jpg


 往復移動3時間半、実釣2時間、高速・ガソリン代で約10,000円と、とても非効率・不経済な釣行でありました。


 今年はサクラマスに巡りあえないで終わりそうです(悲)


2007秋田サクラマス+α釣行(その4:午後の部)

Category : 釣り

その3:白神の渓からの続き


6月2日 二ツ井 米代川 16:00~19:20


 午後3時頃、再び二ツ井へ戻ってきた。昨日の晩からなにも食べていないため、超遅めの昼食とする。道の駅で「比内鶏親子丼」なるものを食べ、アイス食べて、アクエリアスを1ℓ呑んで、最後に缶コーヒーというまさに暴飲暴食である(苦笑)


 午後4時頃、Ⅰ橋上流のトロ場へ行くと、F氏がキャストしている。本命はヒットせず、またニゴイがヒットしたと、残念がっていた。私も川へ入ってキャストを開始する。私とF氏の間には午前中にサクラを上げた方がキャストしている。しかし、この方のルアーの飛距離といったら尋常じゃない。どうしたらあそこまで飛ばせるの?と思ってじっくり見ていたら、スプーンをキャストしていた。私も真似して17gのスプーンを投げたら、びっくりするぐらいの飛距離がでた。Dコンと3gしか違わないのに、やはり抵抗が少ない分だけ飛ぶわけですね。


 午後5時頃から、なんか腹の調子が悪い。どうやら、さきほどの暴飲暴食がたたってしまったようだ。5時半頃に暫し休憩し、F氏のところで雑談。すると、隣の方にまたヒットしたようだ。おそらくサクラだと思うが、そうなるとこの方昨日から3本ゲットのようである。なんとも羨ましい。


 相変わらず、腹の調子が悪いが、日暮れまでキャストする。途中で、握力が低下し、腕も肩も大分疲労が溜まってきた。ここはスプーンの転がしで攻める。いつのまにかアングラーも結構増えている。しかし、残念ながらサクラマスの姿は拝む事はできなかった・・・。


 7時頃、その2さんから電話があり、子吉川で2本ゲットしたとのこと!そしてお兄さんも1本ゲットしたとのことで、おめでとうございました。


 今年の秋田遠征は、残念な結果でしたが、来年こそは!必ずサクラマスをゲットするぞ!と心に誓うのであった。


- 完 -


2007秋田サクラマス+α釣行(その3:白神の渓)

Category : 釣り

その2:午前の部)からの続き


 藤琴川沿いの秋田県道を北へ向かう。この支流にもサクラマスが遡上するので、ルアーマンがちらほらと見受けられる。藤里町を抜けると道路も狭くなり、道路沿いの渓流にも容易に降りれなくなる。こんな細い道なのに、さすが土曜日、車が数珠繋ぎで対向車が来るとプチ渋滞を起こす。太良峡を過ぎると、青森方面へ向かう道路は私だけとなり、とある橋から渓を除くとイワナの魚影が見える。ここから入渓した。


6月2日 藤琴川かなり上流 11:00~12:30


 入渓路がわからず、熊笹が生い茂る斜面をなんとか降り入渓すると、いきなりの大場所。Dコン50を結びキャストする、さっそく大きなイワナがチェイスしてくる。下流のトロ場では大小のイワナがのんびりと泳いでる。ここでは、釣果なし。


DSC_0109.jpg




 ここから下流は。瀬・淵・トロと変化に富んだ流れ。ポイントには必ずといっていいほど魚がついており、大小のイワナがヒットする。結局ここでは30センチのイワナを筆頭に10本釣れる。渓相も素晴らしく、大満足である。


DSC_011201.jpg




 途中で、お湯を沸かしコーヒータイムをしてから、今日のポイントで唯一釣れなかった最初に入った大場所で数投キャストすると、本日最大の32センチのイワナが釣れる。


DSC_0114.jpg


 今年初めて、本格的な渓流釣りとなったが、尺上イワナ2本も釣れて大満足である。しかし、今回の目的って、サクラマスだったよなー、と思い。途中で昼寝をし、またまた二ツ井へと向かうのであった。


その4:午後の部へ続く


2007秋田サクラマス+α釣行(その2:午前の部)

Category : 釣り

その1:釣行前からの続き


6月2日 二ツ井A地区 米代川 04:00~09:00


 ここのポイントは、T橋の上流に位置し、川は大きなカーブを描きながら蛇行し、水深のある大きなトロ場である。右岸はテトラ帯となっているが左岸側は広い川原で、車は何十台でも停めれそうなところだ。


070602futatsui_a



 一番のポイントは、この場所の上流にある瀬頭だと思うが、私の入ったところは、下流のトロ場である。夜明けとともに入川する。昨日は阿仁川からの濁りが・・・という情報であったが、今日は、ほとんど濁りがないようだ。目視したところ右岸のテトラに3人、左岸でウェーディングしているのが15人ほど。さっさと1本釣って楽になりたいなーと思う。
 30分程したところ、右岸側で一本ヒットした。私の左隣のアングラーの対岸である。こっちもキャストに気合いが入る。そして数分後、左岸側の私のところから上流側でサクラマスがヒット!ますますキャストに熱がこもる・・・はずが、腰まで浸かるウェーディングは体が冷える。一旦川からあがり、用を足してネオプレーンウェーダーに履き替える。
 しかし、その後が続かない、5時頃、サクラマスの跳ねが随所で見られ、私の目の前でもサクラマスが跳ねた。さすがにこの時は興奮したが、誰にもヒットはなく、6時頃一旦休憩。というか、左岸側のアングラーは、見切りをつけたのかどんどんとこの場を去っていく。6時過ぎに目視できる範囲で左岸側の釣り人は自分だけという状況となった。これはある意味チャンスかなーと、上流にある瀬頭へ向かうが、2人ほどいた。
 しかし、おかげで、下流へ下りながら広範囲で攻めることができた。7時頃また数人の釣り人が見受けられ、結局元の場所に戻り8時近くまでキャストするが、ヒットはなかった。


 その後F氏のいるI橋上流へ向かう。


070602futatsui_i




私が到着したときに丁度ランディング中であった・・・が、残念ながらニゴイである。しばし雑談後、9時過ぎに上流側の隣のアングラーにサクラマスがヒット!ここで、数投キャストするが、我々には反応なし、私は一旦川からあがり、道の駅へ用足しに向かった。


070602futatsui_f
(F氏)


 ここでサクラマス午前の部は終了とし、白神山地へと向かうことにした。


その3:白神の渓へ続く


2007秋田サクラマス+α釣行(その1:釣行前)

Category : 釣り

 サクラマスの本命、秋田県のサクラマスフィッシングが6月1日解禁になった。さっそく、解禁2日目に行ってきました。今回は家族の配慮で丸1日釣りしていいということになり、久々に朝から夕方までほぼ釣り三昧となりました。


 6月1日・・・この日はサクラマスを追い続けているアングラーにとっては特別の日である。「サクラマスに一番近い川」米代川を擁する秋田県のサクラマス釣りの解禁日だからである。この日は全国のサクラマスに魅せられたアングラー達が秋田県を目指すのだ。
 私もその一人ではあるようだが、米代川の人の多さというか静かな釣りを好むので満員御礼のポイント争奪戦というのが苦手なもんだから、なかなか重い腰があがらなかった。
 しかし、今年は4月から同じ職場となったサクラマスフリークの先輩「F氏」の影響で米代川にいくこととした。
 あいにく6月1日は職場の飲み会があったが勿論、酒は一滴も飲まず、1時間で切り上げ、自宅へ帰り現地へ向かった。


 二ツ井へは午前0時到着、24時間営業の釣具屋で粕毛漁協の釣り券を購入し、入川するポイントの川原へ向かった。到着後、解禁前日から現地入りしていたF氏へ到着した旨のメールをすると、すぐさま電話が入る。数キロ上流のⅠ橋上流へいるという。
 ここでいろいろと解禁日の状況を聴取。なんでも、31日に降った雨のせいで阿仁川からの濁りがかなり入ったとのこと。Ⅰ橋上流付近では例年よりかなり少ない10本程度あがったということ。19:00頃にサクラマスをばらしちゃったということ。おまけにサクラマスのヒットが朝だけではなく、ドピーカンの天気にも関わらず昼にもヒットしたこと。さらに、例年だと稚鮎がわんさか目視できるのだが、ウグイとカジカ!がやたら多いとのことなど。付け加えるなら、鷹巣某地区の有名ポイントでは誰にもヒットがなかった、など。この話を聞いただけでは、今年は不調なのかなーとも思う。


 しかし、そこは懐の広い(と勝手に思う)米代川。なんとかなるでしょう!と、明日(今日)への思いを馳せ眠りにつくのであった。


その2:午前の部へ続く・・・


プロフィール

kosei

Author:kosei

カレンダー(月別)
05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
koseitroutへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。