スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石窯ピザ ~雫石 山ぶどう~

Category : ぐるめ

以前、テレビや新聞で紹介され、行ってみたいと思っていた「山ぶどう」に行ってきました。釣りするために雫石へ行こうかなと話しをしたら、長山街道へ行きたいということになり、釣りは無しで渓の偵察?とピザを食べに行くということになりました。 国道46号から、雫石の長山街道を走り、途中、ソフトクリームで有名な「松ぼっくり」を過ぎ、玄武温泉のところにログハウスでできた「山ぶどう」があります。僕らが到着したときは、ちょうどお昼時で込んでいましたが、5分くらいですわれました。名物の石窯ピザとカレードリア、かけそばという何とも奇妙な組み合わせで注文しました。濃い目の味付けが好きな自分的には、ピザもそばもちょっと薄味かな~と思いましたが、これくらいが美味しいのかも。というより、あの石窯の風味というかがたまらんですね。ちなみにカレードリアとコーヒーは◎。 ピザ&ソフトクリーム好きの僕にとっては、「松ぼっくり」「山ぶどう」というのは定番コースになりそうです。釣りもできるしね。 こうなると、早くオープンカー生活(又はバイク)復帰せにゃ。あのあたりでオープンにして走る楽しさは、十分に知り尽くしているからね~。まあ、金がないから無理だけどネ。


060326pizza.jpg  060326pizza02.jpg



スポンサーサイト

今年の初釣り未遂っ!

Category : 釣り

 木曜日に過去の「釣りクラ」のビデオを観てたら釣りにいきたくなった。しかし、金曜の夜から熱を出してしまい、土曜日は1日中寝込む・・・天気良かったのに残念。そんで、今日は曇天模様だったが、行こうと思った、そして雫石の葛根田まで行った。そして、ピザ食べてイオンで買い物して帰ってきた・・・もちろん妻も子供も同行。 ということで、釣りに対するモチベーションがかなり高まってます。来週こそは釣りに行くぞ! ちなみに葛根田川の画像を添付します。やっぱ、まだ雪多いですね。ここは玄武洞のあたりなんですが、葛根田ではC&R区間(下流の方)でしかやったことないんで、水量的にどおうかよくわかりません。ただ。私的に雪代も入っているような感じではないし(注:写真撮ったときに雨が降り始めたため、その後はわかりませんが)コンディション はよろしいのではないかと思います。


060326kakkonda.jpg




僕の釣り暦(その5)

Category : 釣り
 憧れの魚・・・サクラマス・・・98年の暮れごろから夢にまで出てきた、ことはないが、近所で狙えるのであれば、狙わぬ手はない。まず道具をゲットしなければならない。しかい金はない、が、正月明けだったろうか、暇を持て余した僕は、パチンコ屋で「CRルパン三世」の前にいた。それほどパチンコに大金を使う方ではないのだが、嫌いでもない。珍しく出てしまったため、その金を握り締め釣具屋へ向かった。経験上こういう金はモノに換えてしまったほうが後悔は少ないのだ。ロッドは雑誌等で仕入れた知識を元に「UFMウエダ」のTSS88をゲット。88は長すぎるかなとも思ったが、82の在庫がなく88にする。リールは、ステラ3000も買えたのだが、ここで全部使い果たすのもなんだかなーと思い、ワングレード下げてツインパワー3000を購入。ついでにミノー、スプーンも買い漁り、準備万端となった。 そして、2月から追波へ数回通い、5月からは盛岡市内の北上川へ通うことになり、忘れもしない1999年6月11日にゲットとなったわけです。(このときの様子についてはそのうち詳細に報告します。) この年はついていた。テクも何もなかったが、尺ヤマメ、尺イワナをゲットし、現在までの釣り人生の中で最高のシーズンとなった。 2000年には、あの「釣り東北」の編集長だった佐藤忠雄氏と渓流釣りをする機会を得て、ホームページも開設し、ますます釣りにのめりこむようになったが、同時に八方美人的にあれこれ手を出すのはやめようと決心し、現在では、渓流のルアーメインに本流のサクラマス少しと稀にソルトという釣りになっている。 最近では、昔ほど釣りに行かなくなったが、別に釣りをやめたわけではないので、これからも時間とお金があれば行きたいと思う。ただ、船とワカサギだけは遠慮しときます。  全5回にわたって長々とかきましたが、最後まで読んでいただいた方には感謝!

初のサクラマス




雪代

Category : 釣り
 職場近くの中津川の昨日の状況。午前中は濁り、水量ともに最高の状態でしたが夕方は濁りがきつくて雪代かなり入ってるなという印象(ただ単に暗くてそう見えたかもしれないが)。
 今年は。雪が凄い多かったので、まだ入れるところも限られるんでしょうね。
 それと、今年は熊が多いらしいので注意が必要。熊除けの鈴を入手しなくては。

僕の釣り暦(その4)

Category : 釣り
~ その3からの続き ~

 98年の6月頃だったと思うが、行きつけの上野釣具店に行くと、おばちゃんが「ルアー用の竿があるから」と言われ、断ったんだが、防波堤の小物釣りにも使えるってんで、さらに半額と言われると「それじゃあ・・・」となるのが自分の性格である。まあ4,000円くらいだったらいいかな?という軽い気持ちで購入し、ルアー釣りの世界を覗いてみることにした。
 とりあえず思い出の簗川へ行き、適当にスプーンを投げていたら、ヤマメが釣れてしまった。「ゲッ!マジで釣れたよ。」小さいヤマメだったが凄く嬉しく、ルアーへはまっていくことになる。
 98年の冬、当時「釣り東北」の編集長だった佐藤忠雄氏のビデオや名著「渓流のルアーハイテク講座」を入手し、それからは釣り雑誌を読み漁り、当時始めたばかりのインターネットで釣り関係の情報を収集し99年からは本格的にルアーを始めようと決心した。なかでも僕の興味をひいたのはサクラマスであった。
 しかし、サクラマスについては調べれば調べるほど自分には高嶺の花だなと思っていたのだが。盛岡市内の北上川で釣れる事を知ると狙ってみたくなるものだ。すると道具が欲しくなる、しかし金がない。だが、サクラマスをゲットすべく道がひょんなことから訪れる。それは99年の新春の事であった。

~ その5へ続く ~

僕の釣り暦(その3)

Category : 釣り
 就職してからの3年間は,スキー,ゴルフ,テニスと趣味の幅を広げ,スポーツ以外では,見聞を広げるために大学の通信教育を受けるなどしていたが,釣りとは無縁の生活を送っていた。
 1995年の晩夏、山田町船越の家族旅行村に友人達とキャンプに来ていたときのこと。久しぶりに海釣りをすることになり、ホームセンターで買った竿とリールと仕掛けで、イソメを付けて投げ釣りをしていた。リュウグウハゼばかり釣れていたが、突然強いあたりがあった。それこそ竿が折れんばかりの引きであり、リールを巻いてもなかなか上がってこないばかりか走る走る。気合を入れて巻き、肴が弱った所で一気にゴボウ抜きすると、そこには水族館や魚屋でしかみたことのない魚体が横たわり、近くにいる漁師に聞くと「カンパチ」だという。おーっこれがダイワの釣魚全集に載ってる「カンパチ」か・・・なんかすげー感動して、釣りって面白いなあ、と実感した。
 それからは、興味をもったらすぐにのめり込む性格のため、私を釣りの世界に引き込んだH氏とともに、防波堤、ワカサギ、船釣りと行くことになるのだが、翌1996年気仙川の解禁日にヒカリ爆釣、秋田の解禁日に「ヤマメ・イワナ」の爆釣とまではいわないがそこそこに釣れ(エサ釣りですが)、おまけに紺屋町の上野釣具店に出入りするようになり、道具もどんどんと増えていった。鮎つりも行ったが、道具を買うまでには至らず、代わりにクロダイ釣りを覚え、めぼしい釣果はなかったが、男鹿や青森西海岸への往復は胸が躍る楽しいひとときであった。翌97年もそんな感じで釣りを楽しむのであった。
 今思うと、あのとき鮎の道具を一式揃えていたら僕の釣り人生も大きくかわっていったんじゃないかと思う。
 誰も読んでる人はいないかもしれませんが、次回はルアーフィッシングへの道のりを。

4歳のお誕生日

Category : 未分類
4歳のお誕生日早いもので我が娘も4歳になりました。
今日は、託児所でお祝いしてもらい、自宅でもささやかなパーティーをしました。あー月日が経つのは早いね。自分も4つ歳をとるから今年で35になっちゃうよ。自分も4歳の頃に戻りたいよー。
今後は、どんどん成長し、いずれは僕といっしょに風呂なんかにも入らなくなるんだろうなー。 まずは、おめでとう!!

そろそろ釣りに行かナイト

Category : 釣り
 今日、与の字橋から見た中津川は水量・濁りともに申し分なし。雪代も入ってるんだろうから水温が心配だけど、そろそろ行ってみっかなぁ。ただ、風が強くて釣りずらいだろうけどネ。

僕の釣り暦(その2)

Category : 釣り
 ~ その1からの続き ~

 小学生の頃は、釣り少年だったが、中学へ入ると趣味・嗜好が変わってくる。まあ、こんなのは当然のことだ。当時は鉄道に夢中になり、愛読書は時刻表という、およそ一般ピープルには理解できない趣味にはまっていったのだ。唯一釣りらしいことをしたといえば、盛岡市の東部を流れる簗川で釣り&ヤス突きをしたことくらい。釣れたのはアブラハヤばかりだったし、ヤスで突けたのも同様であった。ヤマメもアユも沢山いるんだけど、うまく突けないんですよ。でも忘れもしない昭和61年9月15日、ついにアユをヤスでゲット! あのあと現地で焼いてたべましたが(1尾を4人で!)あの美味しいことったらなかった(実は川魚は食べるの苦手なのだけれど)。
 高校入って就職するまでの間はまったく釣りはせず、乗り物が好きなため、今度はバイク・車と興味の対象は移っていった。就職してすぐ、友人に誘われて何年ぶりかで渓流にいったが、釣り方もすっかり忘れて、糸は絡むし、竿は木にひっかけるは、ミミズ触るのも気持ち悪いはで、まったくやる気がなく、すぐにやめてオープン全開(当時ロードスター乗ってました)でそのままワィンディングへと消えていきました。
 しかし、それから3年後、釣りにはまることになるとは・・・

以下、その3へ続く

僕の釣り暦(その1)

Category : 釣り
 とりあえず、釣り暦なんぞを・・・
 最初に釣りを始めたのは、小学校4年生頃だったと思う。当時(1981年頃)は、釣りキチ三平の単行本を皆で廻し読みしていた。そうなると、必然的に釣りに行きたくなるのはあたりまえ。田舎に住んでいるということもあったけど(いちおう、すんでいたところは市街化区域ではあるが)、あちこちに釣りするところがあって、小学校から帰宅しては毎日釣り竿かついで「ウグイ」を釣りにいったもんです。いまじゃあ「ウグイ」(当時は「ハヤ」って呼んでましたけど)釣ると、ガッカリしますが、当時は嬉しくて仕方がなかった。
 その後は、矢巾町の某野池で、タナゴ釣りにハマリましたね。親戚の家が近くにあったので、親に送迎してもらい、朝から夕方まで夢中になって釣ったものです。その野池も、20年以上ご無沙汰している。裏にあった商店も無くなった。池自体はあると思うが、訪れるのも怖いと思う。タナゴもいないかもしれない、もちろんカラス貝も。もしかするとブラック○スなんかが釣れちゃったら・・・思い出は美しくそして楽しいままにしておきたい。そう思うからです。

 ヤマメを初めて釣ったのは、小学校6年生の頃だったかな。親父に米内川に連れてってもらって、盛岡毛鉤の流し釣りで釣れたのが最初。当時は釣りの本とかでしかみたことのない憧れの魚でしたから、子供心にもあの美しい魚体には感動したものです。
プロフィール

kosei

Author:kosei

カレンダー(月別)
02 ≪│2006/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
koseitroutへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。